<< 習総書記、公明党・山口代表と会談(新華網) | main | 「101回目のプロポーズ」、林志玲「福神」姿で新年の祝福を >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    春秋航空 両国関係悪化で日本路線の廃止を検討(人民網)

    0
       
      チャイナプロジェクトの樋笠です。ちょっと聞き捨てならないニュースが入ってきました。格安LCCの春秋航空、廃止を検討と言わずにぜひ頑張ってほしいです。私も乗りましたが、安くて快適でした!搭乗率50%割れとは知りませんでした。微力ながら応援しています。
       

      春秋航空 両国関係悪化で日本路線の廃止を検討
       
      中国の格安航空会社・春秋航空は、初の海外進出先である日本路線をこれまで重視してきた。しかし中日関係の緊張により、両国を行き来する便の搭乗率が著しく低下している。同社はこれを受け、日本路線の廃止検討を迫られている。同社の王正華董事長(取締役会長)は4日、「毎週12便運行している中日定期便の廃止について、当社は最終的な決定を下していない。しかし搭乗率が50%を割っており、当社の経営に深刻な影響を及ぼしている」と語った。北京商報が伝えた。
       
       王董事長は、「昨年9月の釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題の発生前、当社は日本市場の拡張を計画していた。日本路線は当社の輸送力全体の2%しか占めないが、当社は日本を最大の海外中枢とする意向だった。日本の提携先は現在も、日本路線の運航の継続を希望している。しかし当社の歴史において、搭乗率がこれほど低下したのは初めてだ」と語った。
       
       中日の観光・航空市場がいつ回復するかについては、現時点では予測が困難だ。しかし春秋航空は、唯一の被害者ではない。全日空は2012年9−11月の期間に、予約キャンセルが4万6000席に達した。春秋航空の広報担当者の張武安氏は、「短期的に廃止したとしても、今後中日両国関係が好転した場合、当社は日本市場に回帰するだろう。日本市場から撤退する場合、東南アジアが当社の海外重点発展地域になる」と語った。

       
       「人民網日本語版」2013年2月5日
      http://j.people.com.cn/94476/8122425.html
       
      chinaproject * - * 15:05 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 15:05 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ