スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    為替デリバティブで破綻に至ったシコー株式会社

    0
       
      チャイナプロジェクトの樋笠です。iphoneに部品が採用されて中国の製造拠点も展開したマザーズ上場のシコー株式会社。超小型モーターの開発企業として順風満帆だったハイテクベンチャー企業でしたが、2007年の為替デリバティブ取引の巨額損失によりつまずき始めました。

      2008年12月期には23億円超の当期純損失を計上。今年8月、経営破綻となり民事再生申請となりました。支援の名乗りを上げたミネベアとも、債務不履行を理由にスポンサー契約を解除したことが11月14日に発表されたようです。



      以下、9月5日当時のJcastニュース記の事から引用します。
       
      http://www.j-cast.com/2012/09/05145339.html?p=all
       
      携帯電話のバイブレーター用の精密小型振動モーターを開発するなど携帯電話向けの受注で業績を伸ばしてきた「シコー」が、東京地裁に民事再生法の適用を申請して破たんした。負債は2012年7月末時点で約85億945万円。9月11日には、東証マザーズを上場廃止になる。
       
         小型振動モーターで実績を積んだ同社は、米アップルのスマートフォン「iPhone」に採用されたことで2010年12月期には過去最高の約140億円の売上高を計上したが、そのアップルに見放されて資金繰りが悪化した。
       
      ■アップルからの受注で10年12月期には過去最高の売上高
       
      シコーは1974年6月に創業。携帯電話のバイブレーター用の精密小型振動モーターを開発した「マナーモード」の生みの親で、携帯電話向けの受注で業績を伸ばした。中国にも進出し、同社が開発と設計を担当。製品は中国の子会社が生産した。
       
         東証マザーズには、2004年8月に上場。翌年には携帯電話のカメラに搭載し、焦点を合わせるのに使う「AFLモーター」の低価格化に成功し、アップルなどスマホ大手に販売を伸ばした。
       
         躓きは、2007年に手を出した「為替デリバティブ」にある。リーマン・ショック以降の急激な円高進行で評価損を抱えるようになり、断続的な赤字決算の要因となっていた。
       
         アップルからの受注で10年12月期には過去最高の約138億円の売上高を計上したものの、同社はその後もアップルからの大量受注に備えて中国・上海工場で労働者を大量に確保していた。
       
         ところが、11年9月にアップルが「iPhone4」をモデルチェンジした際に、同社は受注を打ち切られてしまう。上海工場は大規模なリストラを余儀なくされ、その結果、11年12月期の売上高は104億5700万円にダウン、最終損益は31億6900万円の赤字に転落した。
       
         最近では量産技術や価格競争で、中国や韓国勢に激しく追い上げられていたこともある。
       
         創業者でもあるシコーの白木学社長は、いわゆる「技術屋」で開発一筋の人。とはいえ、為替デリバティブに上海工場の人件費の上昇と、いずれも経営陣が先行きを読み間違えたことに変わりはない。
       
      ■アップル株は高値で推移
       
         シコーのスポンサーに名乗りをあげたのは、極小ベアリング製造のミネベア。ミネベアは2012年5月に、韓国の小型精密モーターのモアテックを買収。シコーはそれに続くもの。
         ミネベアはシコーから「AFLモーター」の製造を譲り受け、主力のモーター事業を拡大。シコーの国内の従業員約60人も引き継ぐほか、生産拠点の中国工場での製造はミネベアの関連会社の工場に移管する見通しだ。
         一方、米アップルの株価はニューヨーク株式市場で、カリフォルニア州連邦地裁で争われていた韓国サムスン電子との特許訴訟でアップルが全面勝利して以降、高値で推移している。
         8月27日には一時、過去最高となる680.87ドルまで買われ、時価総額は20日につけた6231億ドル(約49兆円)の史上最高記録をあっさり更新し、6382億ドル(約50兆2580億円)にまで拡大した。
       
         9月4日の株価は前日比9.73ドル高の674.97ドルだった。
       
       
      chinaproject * ウェブ * 20:30 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      中国新指導部の横顔:王岐山、兪正声、張徳江、張高麗氏ら

      0
        チャイナプロジェクトの樋笠です。2012年11月15日、第18期中央委員会第1回全体会議が開催されました。政治局常務委員のメンバーも今までの9人体制から7人になったようです。以下ブルームバーグの記事より引用します。
         
        http://j.people.com.cn/94474/8021004.html
         

        中国新指導部の横顔:王岐山、兪正声、張徳江、張高麗氏ら
        http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MDGP546S972901.html
         
        11月15日(ブルームバーグ):中国共産党は15日の18期中央委員会第1回全体会議(1中全会)で、最高指導部である政治局常務委員会の新たな陣容を発表した。常務委員は従来の9人から7人に減った。

        総書記に選出された習近平国家副主席と李克強副首相以外の常務委員の横顔は以下の通り。

        王岐山氏:現在は金融セクターを監督する副首相で、ガイトナー米財務長官の直接の交渉相手。ガイトナー長官は2009年に王氏(64)を「最終的に物事をまとめ上げる卓越した調停役で、火消し役で問題の解決者でもある」と評した。1998年の同国投資会社の破綻や、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行などの危機の際に問題を解決して高い評価を受けた。王氏は常務委員会で唯一、銀行経営を経験しており、これまでに同国2位の銀行、中国建設銀行を率いたほか、中国人民銀行(中央銀行)の副総裁を務めた。夫人は故姚依林元副首相の娘。

        兪正声氏:エンジニア出身の兪氏(67)は以前、建設相を務めた。07年に習近平氏の後を継いで上海市共産党委員会書記に就任した。

        張徳江氏:重慶市共産党委員会書記。電気通信やエネルギーなどの産業を担当する副首相を務める。薄熙来氏の失脚後、重慶委員会書記に指名された。北朝鮮の金日成総合大学に留学した経験を持つ。

        張高麗氏:07年から天津市共産党委員会書記。天津市では、新たな金融センターを中心に急拡大するインフラ支出を監督した。1970、80年代には中国南部で石油業界で働いた。

        劉雲山氏:02年から共産党中央宣伝部長。国内のテレビやラジオ、新聞、出版社、インターネット企業を監督。内モンゴル自治区と北京でキャリアを積んだ。
         
        chinaproject * ウェブ * 19:45 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        愛国心で理性を停止させるな 亀井静香

        0
          チャイナプロジェクトの樋笠です。石原慎太郎氏の尖閣問題に関する発言や、対外強硬論を煽る大手マスコミの論調に警鐘を鳴らす亀井静香氏のインタビューです。
           
           
          愛国心で理性を停止させるな 亀井静香
           
          http://gekkan-nippon.com/?p=4456#more-4456(10月 23rd, 2012 by 月刊日本編集部)
           
           
          ―― 尖閣諸島をめぐる日中の対立が激しくなっている。領土問題は国家にとって極めて重大な問題だが、最近のマスコミ論調には、国民の愛国心を過剰に煽るようなものが目につく。
           
          亀井 動物が縄張り争いをするのが本能的なものであるのと同様、人間の場合も、領土を守るのは本能的なものだが、人間はそこに知恵を出さなければいけない。
           たとえやっかいな隣国があるからといって、国は引っ越しすることなどできない。お互いにずっと隣国として生きていかなければならない。
           隣の家の木が伸びて、自分の家に枝が垂れてきて、枯葉が庭に落ちたとしよう。このとき、隣の家に怒鳴り込んだらどうなる。隣の家との関係は悪くなる。枯葉が落ちたからといって、いがみ合うより、お互いに相手の木を褒め合うような気持ちを持ってこそ、隣同士は仲良くできるのだ。国家間の関係だって同じことだ。領土をめぐる対立があったとしても、うまく共存することを考えなければならない。人間はそれくらいの知恵を出すべきものだ。
           
          ―― 他国の間違った主張に反論し、わが国の主張を唱えることはもちろん必要だ。しかし、好戦的、排外的な主張をすることが果たして愛国なのか。弊誌は創刊の辞において、「偏狭なナショナリズム」を戒めたが、自国に対する誇りを噛み締め、尊敬される国になるべきことを説く愛国心こそが求められているのではないか。
           
          亀井 国を愛するというのは、当たり前のことだ。誰もが持っている感情であり、いちいち取り立てて言うようなことじゃないし、一部の保守派言論人たちだけが独占するようなものじゃない。
           自分たちの郷土を素晴らしいところにしていくために努力することが愛国だ。「国の中身」をどうするかが最も大切だ。国は器。中身のない空っぽの器には意味がない。ナンセンスだ。
           「愛国心だ、愛国心だ」と、ことさらに強調されるときには、何かよこしまな意図がある場合が多い。かつて、日本は愛国心を煽り、理性的な思考を停止してしまった。戦前の政府は、愛国という、誰も抵抗できない言葉でその政策を正当化、美化し、人びとを戦争に駆り立てた。政府に従わない人間に「あいつは愛国心がない」と批判した。
           
          ―― 対外強硬論を煽るマスコミは、「政府は弱腰だ」と批判して国民の強硬論を煽った。
           
          亀井 一九〇五年九月、日露戦争後の講和条約締結の際、マスコミは対露強硬論を煽り、講和条約に調印した小村寿太郎外相を弱腰と批判した。『朝日新聞』(一九〇五年九月一日付)は「小村許し難し」とまで書いた。九月五日に日比谷公園で行われた集会をきっかけに、暴徒化した民衆は内務大臣官邸などを襲い、小村邸には石が投げ込まれた。一度ナショナリズムに火がつくと、理性的な判断ができなくなる。
           政治家がマスコミの強硬論に乗ることは簡単なことだ。しかし、国家の指導者たるものは常に冷静に知恵を出していかなければいけない。ところが現在、指導者自らがお互いの国内事情でナショナリズムを煽りまくっている。
           石原慎太郎都知事も過激で極端な論を展開するのは控えるべきである。

           
           
          chinaproject * ウェブ * 12:08 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          中国:第18回全国人民代表会議(全人代)が開幕

          0

            おはようございます、チャイナプロジェクトの樋笠です。昨日2012年11月8日、中国共産党の第18回全人代が開幕しました。いわゆるチャイナ9と呼ばれる中央委員会の人事が注目されていますね。
             
             
            第18回党大会で次期中央委員会と次期中央紀律検査委員会を選出
            http://j.people.com.cn/94474/8010478.html
             
            中国共産党の第18回全国代表大会(党大会)の蔡名照報道官は7日午後に人民大会堂でプレスブリーフィングを開き、第18回党大会の議事日程などについて国内外の記者に説明した。
             
             党規約の規定に基づき、党大会では次期中央委員会と次期中央紀律検査委員会を選出する。選出を順調に進めるため、党中央は専門工作グループを設置。中央政治局常務委員会の指導の下、次期中央委員会と次期中央紀律検査委員会の候補者の民主的推薦や指名の根回しなどを行う。これを基礎に中央政治局常務委員会と中央政治局会議の話し合いを経て、次期中央委員会と次期中央紀律検査委員会の候補者提案名簿を第18回党大会主席団に上程する。
             
             第18回党大会閉幕後に第18期中央委員会第1回全体会議と第18期中央紀律検査委員会第1回全体会議を召集し、次期中央指導組織と次期中央紀律検査委員会指導組織を選出する。全体会議閉幕後、次期中央政治局常務委員が国内外の記者と会見する。(編集NA)
             
             「人民網日本語版」2012年11月8日
            http://j.people.com.cn/94474/8010478.html

            chinaproject * ウェブ * 08:40 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            日本の「空気」文化 独特な社会を形成:宋文洲氏

            0

              チャイナプロジェクトの樋笠です。ソフトブレーン創業者の宋文洲氏のコラムです。日本に長らく生活する華人の方は、日本人特有の「空気」文化の危うさをよく見抜いていると思います。最近の尖閣問題でも集団心理に酔って中国を非難するような発言がネット上で目立ちました。空気に飲まれず冷静に自分の意見を通せる日本人がもっと増えればよいと感じます。
               
               
              日本の「空気」文化 独特な社会を形成:宋文洲氏
              http://j.people.com.cn/94475/8004466.html


               
               筆者は日本で創業・上場を実現し、日本で20数年間暮らしている。妻は日本人で、仲の良い友人の多くが日本人だ。まず言えることは、日本人は我々中国人と同様、暮らしを愛し、家庭を愛し、大自然を愛する、血の通った普通の人間だということだ。
               
               しかし日本に長く暮らしていると、一つの奇妙なものが日本人を動かしていることに気づくようになった。それは知らぬ間に形成される、集団で同一性を求める心理だ。このような心理は、どこかの組織により無理やり形成されるのではなく、英雄的人物によって形成されるわけでもない。これは共鳴に似ているが、強い拘束力と集団心理のプレッシャーが存在する。日本人はこれを「空気」と呼ぶ。
               
               この「空気」がいつ形成されるのかは、日本人にとってもよくわからない問題だ。過去の戦争を振り返ってみよう。日本は社会改革を実現し工業国となると、日清戦争により自国の実力と清朝の弱さを証明した。これにより「日本は優れており、中国は弱い」という空気が形成された。
               
               日本は中国から獲得した巨額の賠償金により、鉄道を建設し、教育を推進し、現代化のペースを加速した。善良な一般人はこれが「不義の財」であることを知っていたはずだが、国全体で軍国主義の空気が形成された。時代に乗り遅れれば侮られ、弱ければ侵略される。そして最終的に、このような空気がすべてを支配した。
               
               真珠湾奇襲の山本五十六司令官はハーバード大学の留学経験があり、米国の実力を熟知していた。彼は天皇や軍部に対して、一時的な勝利は収められるが、最終的な勝利を手にすることは不可能だと語った。正常な民族であれば、開戦を避けるか、早めに撤退して講和を求めたはずだ。多くの日本人もそれを知っていたが、口にすることができなかった。平和的な協議を主張していた犬養毅首相でさえ、売国奴として士官に暗殺されたのだから、それも無理はない。
               
               日本人は幼い頃より、大多数の人々に合わせ、全体の秩序を守ることを学ぶ。そうでなければ、「村八分」の制裁を受けることになる。
               
               そのため日本人はおとなしくて管理しやすいが、独立した考えを持たない。常に多くの人がどのように考え、どのように行動するかを検討してから、自分の考えと行動を決定する。
               
               このような「空気文化」の蓄積により、日本社会には集団心理に左右され、集団洗脳される危険性が存在する。つまり日本人が集団で危険を冒す可能性が高いと言える。彼らは一人で行動する際には非常に慎重だが、集団で行動する場合は大胆になる。これは彼らが大胆なのではなく、自ら考えようとしない、自ら考えられないためだ。
               
               今回の釣魚島(尖閣諸島)問題の発端は、石原氏による島の購入に向けた行動だ。丹羽前中国大使は数カ月前に、「買い取りを実施すれば、中日関係に重大な危機が訪れる」と繰り返し忠告していた。これは本当のことであり、日本の政策決定にとって高い価値を持っていた。しかし日本は中国の顔色など気にしないという空気に支配された。メディアはこぞって丹羽氏を批判し、日本政府も公開の警告・処分を行い、丹羽氏を更迭した。それから数カ月後、丹羽氏の発言が真理だったことが、現実によって証明された。しかしメディアや政治家は、自らの判断ミスを認めようとしていない。
               
               外国人から見れば幼稚で下らない事だが、日本人の間で空気が形成されると、彼らはその他の影響をまったく受けず、壁にぶつかるか谷底に呑み込まれるまで、一致団結して前進する。民族性というものは、一度の戦争で根本的に変わるものではない。日本という国家やその組織と交流する際、日本人のこの「空気」と称される、集団の同一性を求める心理に注意が必要だ。それは理屈ではなく、同じであることのみを求める。それが誰に導かれているのか、いつ変化するのかを知ることはできない。(筆者 宋文洲)

               
               「人民網日本語版」2012年11月5日
              http://j.people.com.cn/94475/8004466.html

               
               
              chinaproject * ウェブ * 14:14 * comments(0) * trackbacks(0) * -
              このページの先頭へ